爪のケアも実はとても大切なケア

犬の身体のケアには、シャンプーやカット、デンタルケアに耳掃除などがありますが、
爪のケアも実はとても大切なケアです。

犬の爪には、血管や神経が途中まで通っていて、むやみにカットすると、血管や神経に触れてしまい、流血はもちろん、今後一切爪切りをさせてくれなくなる可能性もあります。

かといって爪切りをしないでいると、散歩の頻度や屋内外で飼っているかにもよりますが、
爪がのびすぎてしまい、肉球に食い込んで来たり、途中で折れて怪我をしてしまうことがあります。

なので、爪切りはしっかり学習した上でカットするか、トリミングサロンでお願いするのがベストです。

一般的には、犬専用の爪切りを使います。
爪切りの経験が浅い・初めての場合にはギロチンタイプの爪切りを使いましょう。

犬の爪を良く見ると、ピンクに透けて見えるのが血管です。
その血管から3ミリほど爪先の部分をカットするようにします。

この時に犬が動いたり、手元が狂って出血させてしまっても、
慌てずに止血と消毒をします。

全ての爪が切り終わったら、先端をやすりでこすり、カット面が平らになるように整えます。
愛犬の爪切りは、犬のシャンプーやカットと同様に、無理しないことが大切です。

ペット専用のバリカン

自宅でペットのカットをしてあげる場合には、
クリッパーコームが必要になりますね。

クリッパーとは、ペット専用のバリカンのことで、各種ハサミとは違い、
急にペットが動いても、大けがを負うようなことがありません。

ですが、怪我を負わせるケースがないわけではなく、
細心の注意を払って扱いたいアイテムです。

また、バリカンなので、ペットの毛を全体的に短くカットする場合や、
部分的にもちょこちょこと使われ、使用頻度が高いアイテムです。
毛玉が多い時にも良く使われます。

バリカンと言っても、カットできる長さは好みで選ぶことができます
例えば足裏のような細かい部分にバリカンを使う場合でも、
小さなミリ数のものを使用すると怪我をさせないでカットすることができます。

クリッパーや各種ハサミを使う時に、必ず必要になるのがコームです。
主に、ステンレス素材のものが多く、人間で言うところのすき櫛のようなアイテムです。

コームには、歯の長さが長いもの・短いもの、歯の間隔が広いもの・狭いものがあり、
ひとつのコームに半分ずつ、なんていうものもあります。

両者を使い分けることで被毛をしっかりととかすことができ、
人間のカット同様、ペットのカットをする際にも無くてはならないアイテムです。

http://www.furu-furu.net/

更新情報

●2014-02-04
爪のケアも実はとても大切なケアの情報を更新しました。
●2014-02-04
口コミでシャンプーセットが無料になったを新規投稿しました。
●2014-02-04
個人的にオススメできるトリミングサロンを新規投稿しました。
●2014-02-04
マイクロバブルをお願いしていますを新規投稿しました。
●2014-02-04
トイプードルのカットでお世話にを新規投稿しました。
△PAGE TOP